カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

企業コンセプト
「お得意様・社員・地域堺から信頼される明るい会社」

(1)3つの経営 (健全経営・衆知経営・ダム経営) (2)良品良販 (3)和親協力

  
会社概要
会社名 有限会社 佐賀ダンボール商会
代表者名 代表取締役社長  石川 慶蔵
所在地 ■ 本社
  〒844-0024 佐賀県西松浦郡有田町赤坂 アリタセラ
  TEL:0955-43-2424 / FAX:0955-43-2425
  ■ 第二工場 ‐有田焼万華鏡ショールーム(有田焼カレイドスコープ研究所)
  〒849-4107 佐賀県西松浦郡有田町下本乙2496-1
  TEL:0955-46-5141 / FAX:0955-46-4125
アクセス 有田・波佐見ICから車で約10分 当社の展示場が3D(360度映像) で
見ることができます。またコチラ
クリックすると当社商品等が300点
ご覧いただけます。
ぜひお試しください。
(本社まで) JR有田駅から車で約5分

 

事業案内

有限会社 佐賀ダンボール商会は、1957年に創業し主に有田焼を入れるパッケージ製造を中心に今日まで歩んで参りました。
現在では有田焼に限らず他産地の陶磁器、ガラス製品、食品、菓子など広い分野を手がけています。

〈 主な製造・販売品目 〉
■ 紙器加工各種の製造販売
 (ダンボール箱・化粧箱・トムソン箱・加工ダンボール等)
■ 包装資材各種販売
■有田焼新商品の企画・開発・製造
 また、2004年より開発部門として有田焼万華鏡の製造販売、有田焼万年筆・有田焼オルゴール・ミュゼグラスの販売など
有田焼を用いた新商品の企画・製造・販売 を行っております。

 

メディア・掲載・受賞 情報


TV)  
2016年12月 BSジャパン『にっぽん真発見』紹介
2014年 3月 テレビ西日本『転身らんまん』に出演
2012年10月 TBS『夢の扉+NEXT DOOR』に出演
2012年10月 テレビ東京『ガイアの夜明け』にて紹介
2011年 5月 FNN『ニュースJAPAN』にて出演
2009年 5月 テレビ東京 『世界を変える100人の日本人』に出演
   
(雑誌)  
2016年10月 「理念と経営」
2017年8月 雑誌「商業界」
2013年 雑誌「ニュートップリーダー」に雑誌掲載
2009年10月 日経『おとなのOFF』に掲載
   
(主な受賞歴)  
2018年 九州未来アワード2018 「特別功労賞」 
2017年 第114回「有田国際陶磁展2017」産業部門 最高賞(経済産業大臣賞)受賞
  有田焼堺包丁ペティナイフ3種
2017年 「おみやげグランプリ2017 」各国審査委員賞(韓国)
2016年 JVa2016(中小企業基盤機構主催)「クールジャパン特別賞」受賞
2015年 企業価値認定 (一般社団法人企業価値協会主催)を受賞
2015年 佐賀県主催「さがラボチャレンジカップ2015」優秀賞
2009年 「第3回ものづくり大賞」 優秀賞受賞(経済産業省)
2008年 第3回「ニッポン新事業創出大賞」優秀賞
その他多数  
動画)  
美しすぎる万華鏡内部映像 佐賀ダンボール商会 紹介
   
外部動画)  
TBS「夢の扉+」主人公のその後 Arita ware kaleidoscope by 佐賀ダンボール | JapanMade
   
有田焼万華鏡開発物語 有田焼万年筆開発物語

 

石川 慶蔵 プロフィール

佐賀ダンボール商会 代表取締役 石川慶蔵有限会社 佐賀ダンボール商会 取締役社長
・業務内容は、有田焼を入れる箱(化粧ケース・ダンボール)の製造販売。
・世界初、オンリーワン・No1の8分野の有田焼新商品(120点)を開発し販売。

昭和22年、小城市牛津町生まれ。鹿児島大学卒業後、松下電器(現在パナソニック)に入社。
その後、PHP研究所に出向し、松下幸之助氏の下で31年間勤務。
2011年、妻の実家である(有)佐賀ダンボール商会の副社長に就任。
苦労の中で大腸がんを患い、その病床で発案した有田焼万華鏡は、
後に3500本、1億3000万円を売り上げるヒット商品と成る。
次に開発した有田焼万年筆は、2008年洞爺湖サミットで日本政府の記念品として採用され
各国首脳に贈呈され絶賛された。
現在、世界中でたくさんの方にご愛用いただいている。
2009年、第三回「ものづくり日本大賞優秀賞」(経済産業省)を受賞。
その後、有田焼のボールペン、酒器ボトル、スイスとコラボしたオルゴールや腕時計を開発。
さらに堺包丁、ミュゼグラス等8分野の世界初、オンリーワン商品を開発した。

 

取り組み